読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

6481の日記

非常にのんびり更新中…

車の免許取りに来てます④

免許合宿

タイトルが「取りに来てます」と、合宿中に更新していたわけですが今回は違います。

 

免許取れました。

 

というわけで合宿後の更新となっております。

タイトル詐欺ですね。

 

免許合宿編最終回。

では振り返っていきましょう。

 

 

猫が飛び出して来て急ブレーキしたり、

 交差点で曲がるはずなのになんでも無い所で曲がったり、

なんやかんやで卒業検定の日がやって来ました。

ど緊張。

 

卒業検定は指定されたコースを走ります。

採点方法は減点方式です。

持ち点の100点から引かれていき70点未満で不合格。

また一発で検定中止になる事があり、そのうちの一つに

『指導員がブレーキを踏む』があります。

 

事故防止のため、指導員が座る助手席にはブレーキが付いています。

普段走行するとき「ぶつかるよ〜」って感じでブレーキを踏んでくれていまして、

つまり卒業検定では指導員が危ないと思う場面を作ってはいけないというわけです。

 

ここで問題が一つあって、

今まで一度もブレーキを踏まれずに教習を終えたことが無い。

 

 

結局、卒業検定中に踏まれることはなかったのですが、

左折時に横断中の学生を轢きそうになりました。

隣の指導員、構えてましたね。

ギリッギリだったと思います。

 

検定中止はなかったとしても当然70点を下回っていたらアウトです。

運転し終わった後、自分自身で気付いたミスを数えたら5つほど…。

あ…ああ…ああぁぁ。

配点がわからない故の恐怖。

 

結果的には合格だったのですが、待っている時間(2h)がほんともー。

 

 

6人で来て、6人全員一緒に卒業できました。

パンクさせて実習中止になった人もいましたが、延長宿泊になる事はありませんでした。

平和。

 

卒業した翌日は地元に戻って改めて学科試験。

これも全員合格

 

無事、免許証いただきました。

 

 

いろいろ苦労もありましたが、

滞ることなくみんな一緒に合格できて、

長いようで短かったような、

終わってみればいい思い出なような気がします。

f:id:takumi6481:20170309021318j:plain

教習所の教室

 

 

 

免許取得のテンションで帰りに献血したのですが貧血気味です。

 

初めての免許、初めての献血の日。17/3/8