読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

6481の日記

非常にのんびり更新中…

車の免許取りに来てます②

あらすじ

 

友達と免許合宿。

ど田舎の校舎はとってもお古い。

 

 

いろんな事を教えてもらって、

いよいよ1人で運転。

 

と言っても、ある程度の指示を無線で受けながらです。

しかし、危ないからと言って横でブレーキを踏んでくれる人がいなくなります。

緊張かつ緊張。

案外普通にこなしました。

確認の遅れなど小さなミスは多々ありましたが、大きな失敗はなく終えることが出来ました。

 

意外といけるじゃん♪

 

 

次の日コースを間違えて走りました。

 

 

この後は宿舎のことを少し書きます。

 部屋はこんな感じ。

f:id:takumi6481:20170225233340j:plain

思った以上に狭い

知らない人との相部屋だったら辛かっただろうなぁ。

 

ユニットバス。

風呂ちっちゃい。

シャワーする場所がなくなるので湯船を貯めるのも諦め。

Wi-Fiあるけど弱すぎ繋がらない。

2段ベッドの底が抜けそう。

ベッドの手すり外れそう。

ウゴゴゴゴ

 

 

宿舎には決まりごとがいくつかあり、そのうちの一つに

他の部屋への入室を一切禁止する』があります

 

使っている部屋は三人一部屋、6人で来たので二部屋向かい合って使っています。

 

決まり通りでは友達でもあっても不可な訳ですが(盗難防止)

寮のおじさんからは、

「6人で来たの? まあ聞いたと思うけど、他の部屋には入っちゃいけないんだけどね。うん、一応ね。」

みたいな感じでやんわりokと。(okとはもちろん言われませんが)

ガンガン廊下を挟んで往き来してます。一応見られないようには注意。

 

一回、自分の部屋に戻ろうと扉開けた瞬間、

人数のチェックをしにきたおじさんが目の前に

 

僕「(ああああああああああ)」

お「ん…はい、3人全員いるー?」

友「3人みんないまーす。」

僕「ぃまぁすぅ」(小声で振り戻りながら)

お「はい、オッケーね。」

扉:パタンッ

 

ありがとうおじさん。

 

 

現在六日目24:10

一日中お腹の具合がよろしくなかったですおやすみなさい。