6481の日記

非常にのんびり更新中…

色彩検定を受けた話③

あらすじ

一次試験を突破。

残るは二次試験…。

 

 

一次試験が11月12日で、二次試験は12月17日。

だいたい一ヶ月後。

そして一次が終わった段階で僕は、二次試験の勉強を全くしていません。

 

調べてみると二次試験からで、

絶対に覚えなきゃいけないことがいくつかある、という事がわかりました。

 

その中で大変だったものが特に二つ…

 

 

<慣用色名と対応PCCS>

 

慣用色というのは色の名前で、

「桜色」とか「藍色」とか「肌色」とか、

由来がある感じの、まあそんな感じのやつです(雑)

→ JIS慣用色名 - Wikipedia

 

 

PCCSは色の表記の一つで、

12のトーン名と24の色相番号の組み合わせで表します。

 

例えば「桜色」なら…

  桜色 → うすい赤 → p2

ざっくりこんなん。 

 

で、

慣用色(由来・成り立ち、PCCS表記)×122色

を覚えなきゃいけない。

慣用色は全269色ですが、試験範囲はそのうちの122色。優しい。

  

大変だった(しみじみ)

 

  

<PCCS明度表>

f:id:takumi6481:20180215182448p:plain

これを試験開始と共に書いておくのが通例だとか。

化学のテストで最初に周期表を書いておくのとかと一緒です。

 

呪文のように唱え続けてなんとか覚えました。

実は見た目以上に規則性があるので、完全丸暗記という訳では無いです。

 

f:id:takumi6481:20180215174829j:plain

実際に書いてたのはこのくらい。 

 

 

 

この2つを一ヶ月でやるのはおすすめしないので、

もしこれから受験される方は十分なご計画を…。

 

 

 

 

ここまでが本来大前提のお話。

 

二次試験の特徴として問題形式があります。

 

 

一次試験では、一問一答のような純粋な知識量を問う形でした。

二次試験はその知識を使った応用問題、みたいな感じでしょうか。

 

 

一次試験の問題例 (公式サイトから)

f:id:takumi6481:20180215030057p:plain

ほとんどが4択で選ぶだけで、問題同士の繋がりみたいなのもありません。

2級3級もこんな感じ。

 

 

二次試験の問題例(公式サイトから)

f:id:takumi6481:20180215030105p:plain

なんとなく難しそうって感じあると思います。

問題も、最初に間違えるとそのあと全部がダメになっちゃうスタイル。

載せられませんが他にも色々。

 

 

とにかく問題慣れが必要でした。

 

f:id:takumi6481:20180215035526j:plain

なので去年のだけだと足りないと思い、一昨年のも買いました。

絶版、中古で 2,500円(元値から2.3倍)

 

 

 

 

 

そんなこんなでなんやかんやありましたが、

 

f:id:takumi6481:20180215172103j:plain

合格しました!!

 

なんとかなるもんですね。

当日、解けない問題はほとんどなかったのですが、

それでもどこかミスったらその下の小問全滅ですし、

感覚的には五分五分かなーって思っていました。

 

 

f:id:takumi6481:20180215185141j:plain

 2つ並べて記念撮影。

 

 

振り返って

 

なんとなく始めた色彩検定でしたが、やってよかったです。

「何級合格」っていうのは明確な目標になって、日々にメリハリがつきますし、

達成した時、記録としてもはっきりするので嬉しさの実感があります。

 

 

最後に合格通知書の開封動画を貼っておきます。

 

当然一発撮りなんですが、個人情報をスレッスレに避ける奇跡がご覧になれます。

 

おわり

色彩検定を受けた話②

あらすじ

色彩検定2級をさっくり取れて、残るは1級。

ただ思った以上に…

 

 

内容むっずい。そして多い。

例年合格率30%を切るのも納得。

 

と言っても、とんでもなく難しいとかそういうのではなく、

2級と比べての差がすごいってだけです。

 

ただ量はがっつり増えてるので2級の時と同じじゃダメだと。

 

ってことで2級の半年と打って変わり、2016年の春から2017冬の約一年半で 勉強してみました。

 

難しいからと言って1日あたりの勉強時間を増やすと僕は続かないので、長い期間で短い時間の勉強という心持ちの結果です。

 

 

やったこと

 

<自分用の参考書>

公式テキストは”教科書”って感じなので、簡単にまとめたものを作成しました。

簡単にと言ったものの、171ページをまとめるのも一苦労。

なかなか時間かかりました。

 

f:id:takumi6481:20180211000711j:plain

f:id:takumi6481:20180211000604j:plain

 

100円ショップのA5手帳(ギリギリ一冊で収まった)

 

 

<暗記紙>

通学中にやったこと第一弾。

 

f:id:takumi6481:20180211001626j:plain

f:id:takumi6481:20180211001608j:plain

単語を見てそれについて頭の中で説明する、みたいな。

 札(ふだ)って一人で呼んでます。

 

 

<過去問>

2級の時は予想問題みたいなのをチョロっとだけでしたが、

さすがにやらねばと昨年のを注文しました。

実際の問題の輪郭と傾向がはっきりするので、色々やりやすいです。

f:id:takumi6481:20180211004043j:plain 

1,080円

 

これぐらいです。

 

 

 

準備万端11/12(日)試験日です。

 

 

前日はスプラトゥーンのフェスがっつりやってました。

 

会場の大学は駅からほどほどに遠かったのですが、

バスに乗るのが嫌で徒歩で行って迷子になって大学内でも迷って時間ギリギリになって走って汗だくで到着しましたが、まあ問題ないです。(帰りはバス使いました)

 

  

テストが始まって、終わって…。 

 

 

翌日、解答速報で照らし合わせたら大丈夫そうでした。

ほっと一息。

 

 

 

 

で、ここまでが一次試験。

一ヶ月後は二次試験…! 

 

 

合格率が低いのはこの二次試験で落ちてるからだとか、

なんだとか。(よく知らない)

 

続く

色彩検定を受けた話①

明けましておめでとうございます。

年6回程度のブログですが、

今年もよろしくお願いします。

 

 

さて、新年一発目の日記は色彩検定を受けた話」ということで。

 

色彩検定はその名の通り色に関する知識を問うもので、1〜3級までがあります。

→色彩検定公式サイト

 

2級と1級を少し前に受けたので、今回は受験した経緯とか本番までの勉強、結果とか書いていこうと思います。

 

 

◯受験した経緯

 

ほとんど何となくでしたが、大学に入ってすぐに学校から提示された

"受けた方がいいんじゃない検定資格一覧"

に入っていたのが大きいと思います。

 

受けてみようと調べていると、「2級は3級の応用だ」的な話を見かけまして、

じゃあ飛ばしていっかという考えから2級を目標に定め、

大学1年生の4月、2級の勉強を始めました。

 

 

◯結果

 

 テキストを買って授業の合間に読む程度でしたが、半年後の試験で無事合格しました

f:id:takumi6481:20180113200123p:plain

2級の合格率は例年60%強で、それほど難易度は高くありません。

 

 

◯次は1級

 

さあ2級を取ってしまえばあとに残るは1級のみです。

そこで新しくテキストを探すわけですが…

 

 

通販という選択肢を持っていなかった僕は、本屋を探し回ったわけですがまるで見つからない。

あるのは3級、2級のテキストのみで、1級は公式・非公式テキストどちらも見当たりません。

 

1級は他と比べ受験者数が極端に少ないです。

需要がなさすぎるのでしょう。

f:id:takumi6481:20180113193511p:plain

公式サイトから引用

 

最終的には公式テキストを購入することができましたが、非公式テキストを見ることは一度もありませんでした。

後々調べて見ると、非公式テキストは7年以上新しいのは出ていないようです。

 

進級しまして2年生の4月、一年前と同じように今度は1級の勉強を始めました。

しかし、1級の内容は想像以上でした…。

  

続く

デデンネの毒入りスープ・続を投稿しました

こんにちは。

 

早速ですが動画の宣伝です。

 

 

 

以前投稿した動画↓の続きになっています。

 

 

 

TRPGが好き!

デデンネが好き!

な方は、是非ご視聴ください!

自分のツイートを振り返ってみる

夏休みに入って、バイトも落ち着いた感じの6481です。

 

 

突然ですが、Twitterって一言日記感あると思います。

そこで、

自分のTwitterを振り返ったら、何かしら思い出したりすることもあるでしょう

 

ってことで

 

過去のツイートを適当にピックアップしていこうと思います。

 

f:id:takumi6481:20170808153646p:plain

自分のツイートの中から一文字だけ入れて検索してみます。

最初は「あ」

 

 

”あ”が四つも入っていました。

switch探し回って、ダメ元で寄った近所のイトーヨーカドーにラス1があってこの叫びです。

 

 

 名前を覚えられていなかった話

 

 

 おそらくiPhone4sが壊れた時です。

 

 

f:id:takumi6481:20170808160341p:plain

続いて「い」

 

よく呟きます。

足が寒くなるのが耐えらえれないので、数年前から冬にはモコモコの靴下を履いて過ごしています。

 

 

 何かは覚えないけど絶対遅刻してる。

 

 

 お祭り、どうぶつの森

 

 

「う」

 

 なんのことかさっぱりねー!!

 

 

 

そんなのいいものありませんでしたね!

f:id:takumi6481:20170808161033p:plain

 

またやるかもしれません。 

車の免許取りに来てます④

タイトルが「取りに来てます」と、合宿中に更新していたわけですが今回は違います。

 

免許取れました。

 

というわけで合宿後の更新となっております。

タイトル詐欺ですね。

 

免許合宿編最終回。

では振り返っていきましょう。

 

 

猫が飛び出して来て急ブレーキしたり、

 交差点で曲がるはずなのになんでも無い所で曲がったり、

なんやかんやで卒業検定の日がやって来ました。

ど緊張。

 

卒業検定は指定されたコースを走ります。

採点方法は減点方式です。

持ち点の100点から引かれていき70点未満で不合格。

また一発で検定中止になる事があり、そのうちの一つに

『指導員がブレーキを踏む』があります。

 

事故防止のため、指導員が座る助手席にはブレーキが付いています。

普段走行するとき「ぶつかるよ〜」って感じでブレーキを踏んでくれていまして、

つまり卒業検定では指導員が危ないと思う場面を作ってはいけないというわけです。

 

ここで問題が一つあって、

今まで一度もブレーキを踏まれずに教習を終えたことが無い。

 

 

結局、卒業検定中に踏まれることはなかったのですが、

左折時に横断中の学生を轢きそうになりました。

隣の指導員、構えてましたね。

ギリッギリだったと思います。

 

検定中止はなかったとしても当然70点を下回っていたらアウトです。

運転し終わった後、自分自身で気付いたミスを数えたら5つほど…。

あ…ああ…ああぁぁ。

配点がわからない故の恐怖。

 

結果的には合格だったのですが、待っている時間(2h)がほんともー。

 

 

6人で来て、6人全員一緒に卒業できました。

パンクさせて実習中止になった人もいましたが、延長宿泊になる事はありませんでした。

平和。

 

卒業した翌日は地元に戻って改めて学科試験。

これも全員合格

 

無事、免許証いただきました。

 

 

いろいろ苦労もありましたが、

滞ることなくみんな一緒に合格できて、

長いようで短かったような、

終わってみればいい思い出なような気がします。

f:id:takumi6481:20170309021318j:plain

教習所の教室

 

合宿中のお絵かき

 

 

 

免許取得のテンションで帰りに献血したのですが貧血気味です。

 

初めての免許、初めての献血の日。17/3/8

車の免許取りに来てます③

指導員がいなかったら三度ほど亡くなっている6481です。

 

 

あらすじ

 

自分の運転センスは皆無。

底が抜けそうな二段ベッドで毎朝を迎える…。

 

 

更新しないうちに色々ありました。

一言で現状を伝えるならば、

仮免とって公道走っています。

 

指導員「ナンセンス」

僕「ハイ」

 

記事の最初にも書きましたが公道は危険がいっぱい。

何度かしんでます。

 

危険の予測が足りないのはもちろん、

そもそもの運転技術がお粗末なので、

それはそれはひどい有様。

 

中央線超える。

路側線踏む。

交差点で立ち往生。

速度制限ない道路で30km/h走行。

ザッツいブレーキ。

 

こんな人が仮免とってます。危ない(

 

 

 

危ない危ないの話ばっかりしてもあれなので、

温泉の話をします。

今日は時間が空いたので行って来ました(合宿十日目)

 

歩いて一時間ほどのところに温泉があります。

宿泊施設を兼ねていて、日帰りで温泉(600円)が楽しめます。

 

 

よきかな(河の神)

 

宿舎では湯船に浸かることができません。(シャワーを使う場所がなくなるため)

温泉に入ることに、ここまでありがたみを感じることはなかったでしょう。

 

お風呂から上がったら、

 

f:id:takumi6481:20170302160650j:plain

ガチャガチャしたり、

 

f:id:takumi6481:20170302150458j:plain

f:id:takumi6481:20170302150525j:plain

塗り絵したり、

※誰もいませんでした

 

休憩スペースで寝っ転がってのんびり。

 

 

幸せ

これに尽きます。

 

 

 

f:id:takumi6481:20170302161540j:plain

視界不良。

だんだん強くなる雨足の中、凍えながら帰りしました。